三吉 朋美さんのメッセージ

平成23年秋頃…
「いつもウォーキングしてるなら100キロ歩いてみたら?」
会社の上司に何気なく言われた一言が
私と
「24時間100キロ歩行」
との出会いでした。

無理と思いながら
練習を重ねての一回目の挑戦は、
肉離れのため55キロでリタイア。
リベンジの二回目は、ものすごい応援のお陰で23時間57分でゴール。
もう一度歩きたいと再挑戦の今回…

前日にまさかの
激しく落ち込む出来事があり、
精神面でいつ糸が切れるかと不安なままのスタートでした
が…
新しくなった新鮮なコースに春を感じさせる風景、風、サポーターの方や沿道の方からの声援、友達との会話に
だんだんと不安を
逆に怒りにも似た(笑)力に変えて
「私は絶対にゴールするんだ!」
と強い気持ちに変わっていきました。

でも、やはり30キロ頃には既に足は痛く
靴を代えてみたり
歩き方を工夫したり、でもやはり
ストレッチがかなり有効だったと思います。

そのうち変なトラウマのある
肉離れをおこした55キロを無事通過!
「足痛いけどいける!友達の分も頑張れそう!」
漠然とした自信が

リバーサイド以降の辛さも激痛も吹き飛ばしてくれました。

だんだんと夜が明けていく様をずっと見ていられるのも
本当に貴重な体験だと思います。

そして眠気と戦いながら
22時間27分で感動のゴールをさせていただきました。

「挑戦あるのみ」
それが今回、私が学んだことです。

最後になりましたが
練習会から
ずっと応援してくれてありがとうございます(^-^)
私はあなた方に出会えたこと嬉しく思ってます(*^o^*)