笹倉 芳廣さんのメッセージ

晴れの国 おかやま 24時間・100キロ歩行
限界への挑戦「24時間100キロ歩行2014」の日です。
まず最初に、大勢の大会スタッフに支えられ参加させてもらったことを感謝
申し上げます。
ルート案内・車内からの声かけ、チェックポイント他での炊き出し等、準備の
大変さを思うと、本当に頭が下がります。炊き出し御馳走様でした。

昨年は完歩確率五分五分の不安をかかえての参加でしたが、一度の完歩で
今年はある程度自信をもって臨みました。

スタートから30kmまで順調に進んだものの、そのあと気分が悪くむかつきあり、その上お腹の具合も最悪で、予期せぬ体調変化に困惑しました。

いつもはみんなについて歩けるのに、足取りが重く次々と追い越されるばかりで、自分自身が情けなくなりました。

途中リタイアも考えましたが、それは最後の手段で、大会目的の「必ず完歩するという強い意志を持ち続ける」が頭から離れず、我慢出来る内は頑張ってみようと気を取り直し、体調の回復を祈りました。

60km付近でようやく普段のペースに戻り、70km地点のリバーサイドで炊き出しの接待を受けたあと、約30kmのラスト歩行。
あとは遅れを取り戻す目的で休憩もせず、ひたすらゴールを目指しました。

ゴール手前3km付近でMさんに同行させてもらい、雑談で気分転換をはかり
ながら同時にゴールイン、おかげさまで最後はリラックスできました。
Mさんお世話になりありがとうございました。

ラスト歩行でペースアップした結果、体調不良にもかかわらず26位にランクされ、リタイアを考えた自分自身がいちばん驚いています。

終わってみれば、昨年問題なく完歩し、少し楽観的に考えたことが反省点です。。
それと同時に多くのチャレンジャーが足のトラブルで苦労されている中、苦しい事前訓練の成果で、今年も全く足の痛みを感じることなく完歩できたのが、最大の喜びでした。

チャレンジャーの皆さん、十分に体調管理して、また来年お会いしましょう。

チャレンジャー:ゼッケン087 笹倉 芳廣