妹尾  肇さんのメッセージ

私は、2013歩行には、見事42k付近で勇気あるリタイアを決意しました。今年こそはとリベンジしました。共に歩く仲間とサポーターの方達と100K歩行を理解し、応援してくれた知人のお陰で、出来ないと思ってた事をする事が出来ました。
しかしながら、歩く事を勉強し考えたところ、歩く事は誰にでも与えられた平等な権利で、(障害を持つ人以外)それが何故出来なかったのかを?今時代は物凄く便利なり早くなっているんですね。例えば北海道にいる知人に自分の意志を伝える為の手段として手紙しかなかったと思います。それが今はメールで何分いや何秒でしょうか?
後楽園から閑谷学校まで車だったら何分でつくでしょうか?
そうなんです便利を使うから速いんです。使って当然なんです。
でもその反面デメリットもあることに気が付きました。足を使わなくなったんです人間が。歩いて長い距離を移動出来る動物は人間だけなんです。それが出来なくなっている事にも気が付きました。使わない筋肉は、衰えるそうなんです。それに早く気が付き学べた事は100K歩行を主催し開催してくれている政経塾のお陰です。来年も又、チャレンジャーとして出ようと思ってます。人に伝えて。私もそうだったからです。
ありがとうございました。