滝澤 樹利菜さんのメッセージ

最初は100キロってどれぐらいなのか、24時間歩けるのか今までの自分の経験した事のない未知の領域だったのですごく心配でした。でもその反面大丈夫だろうと心のどこかで油断していた部分もありました。練習は会社で設けて下さった7キロの練習と自宅周辺の3キロを歩くだけの練習だけでした。しかも、練習の最後に私が到着する感じで時間もかかってしまいどんどん心配になりました。物の準備はぎりぎり間に合いました。体の準備は万全でした。心の準備は緊張しすぎて当日まで不安でした。スタートして何人の人が先に歩いていたか分からないですが、私は自分のペースで行くと決めていたので、気にせず前に進みましたが、後ろに誰もいないのを見てそこで心配になりました。途中自分が何キロ地点にいるのか分からなくなりました。コンビニに立ち寄ったのですがそこがコース外だったとは知りませんでした…。途中に会社の人たちがいて少し元気をもらいました!最初のタイムアウトまで時間がないと言われスピードを上げて何とか間に合いました。次のタイムアウトも時間がないと言われまたまたスピードを上げて間に合いました。こんな感じでどのタイムアウトもぎりぎりで通過していきました。私が最初に人を追い抜いたのは5時ぐらいにようやく追い抜きました。そこからは追い抜いていくのは増えましたが追い抜かれるのはなくなりました…。また追い抜く人の中には座っている人もいてリタイヤされる人もいたみたいでその光景をみるだけで辛かったです。でも、各チェックポイントで「頑張れ!」「すごいな!」と声をかけて下さりほんとに元気をもらいました。また、最後には友達や家族がき来てくれて涙が出てしまいました。今回の経験で自分がここまでできるんだと思いびっくりしました。でも、自信も付きました。いろんな方にも支えていただいてるのだと知ることもでき自分自身変わることができました。今度は経験してるからこそできるサポートがあるとは思うので全力でサポートしたいと思います。