中藤 春樹さんのメッセージ

初めての挑戦

新入社員研修の一環で、初めて100㎞歩行にチャレンジさしてもらい貴重な経験をさしてもらいました。チャレンジャーとして自分を含め、会社から14人のメンバーが参加し、見事全員完歩する事ができました。

〈大会に向けての準備と感想〉 毎週月曜と水曜に練習会があり、本番前の一週間から金曜も練習会の日になりチャレンジャーとサポートメンバーで7キロ歩きました。自主練の時間があまりなかったので練習会で練習できたのがゴールできた理由の一つですね。
準備にあたって、物の準備と体の準備はできていましたが、本番の日が近づくにつれて緊張してきてちゃんと24時間以内に完歩できるか不安になりました。それでも本番になると一緒に参加する仲間やサポートメンバーの方々をみると、不安が期待に変わり歩ける気がして緊張がなくなりました。
スタート前に3つの準備を揃える事ができてよかったです。
終わってから思った事がありました。自分のペースで歩く事が一番完歩しやすいかもしれませんけど、一人でもいいから仲間と一緒に歩く方が100キロ完歩できる秘訣だと思いました。
楽しく話をしながら歩く方がお互い励ましあえるし、支えあえるので自分はこんな風にして完歩出来たと、来年のチャレンジャーに伝えたいです。
仲間と歩くのも完歩できた理由の一つですが、一番は応援してくれたサポートメンバーですね。
会社の人たち、実行委員の人たち、ボランティアの人たち、地域の人たちのおかげでたくさんの元気と勇気をもらえて感謝の気持ちでいっぱいでした。
後半での炊き出しや、何キロ地点ごとで待ってくれていて、その度応援してくれて
本当に助かりました。
100キロ歩けた事が自分の中ですごく貴重でいい経験をさせてもらえて良かったです。来年はサポートメンバーとして、次のチャレンジャーの支えや勇気づけれるサポートをしていきます。