和田 浩一さんのメッセージ

(はじめに)
前回の100㎞歩行では、締め切りに間に合わずにチャレンジャーとしては参加出来ませんでした。 そのかわりにサポーターとして参加する人のサポートにまわりました。だから今回はチャレンジャーとし て参加出来ただけでとてもうれしかったです。

(個人目標)
今回が、初のチャレンジで体力には自信がありましたが正直完歩出来るか不安でした。でも自分で参加 を決めたからには絶対に完歩して14時間でゴールを目標にしました。

(準備)
心の準備...自分の中では、のだ初の社員の方にサポートしてもらえるので心の準備は全く問題ありま せんでした。
物の準備...前回の100㎞歩行で必要な物は、だいたい分かっていたので後はどれだけリュックの中 を軽くするかだけを考えて準備しました。
体の準備...毎週3日は7㎞を歩いて、本番前には長距離を何回か歩いて準備しました。

(本番)
当日は、緊張し1時間早く到着してしまいました。ですがスタートしたら絶対に完歩することだけを考 えてなるべく早いグループについて行きました。ですが30㎞を過ぎたぐらいで水分補給や食事がたらず 足の色んな所がつりだして上位のグループからどんどん離されてとても備前体育館までが長く感じました。 ですが遠くの信号機の所で、見えた黄色の服ののだ初のサポーターを見ると元気が出て何とか伊里漁協まで 着くことが出来ました。そこでは、のだ初の炊き出しがあってそこで食べたうどんとみんなの励ましのおかげで また普通に歩けるようになり目標の14時間までには到着出来ませんでしたが16時間28分で完歩出来ました。

(最後に)
今回自分が完歩できたのは、仕事終わりにも関わらず応援してくださったのだ初の社員の方と最後までサポートしてくださったサポーターのおかげだと思います。本当にありがとうございました。

次回の100㎞歩行ではしっかりとサポートしたいと思います。またチャレンジ出来るなら今回のタイムを超えれるように頑張りたいです。