山下方一さんのメッセージ

去年60キロでリタイア。今年はリベンジするべく、練習もしての参加。それも、会社の新入社員3人を無理矢理引き連れて。暴風雨という、ありえない天候の中、みんなとテンションを上げながら。どんどん限界をむかえてくる、新入社員たち。70キロの休憩地点で、心の中で思ってました。本当に悪いことをしてしまったな。と。おもしろ半分で、誘って、何となく断れなくて参加した、3人。きっと恨まれてるだろうなーと思いながら、心の中で謝ってました。でも、80キロを過ぎて限界を迎えたのは、なんと自分。そして、どんどん差が開き、気づけば見えなくなっていました。何とかゴールして、3人と再開。涙が出そうでした。100キロウォークを終えて、会社で笑って話せる今だから参加してよかったと思います。そして、3人にとってもきっといい経験になったはずです。社会人として、心が折れそうな時に、この経験を思い出してもらえたらと思います。