山本 諒馬さんのメッセージ

思っていた以上のつらさ。間違いなく人生最大のつらさでした。私たちはチームの部での出場でした。チームの部は難しいとの評判でしたが、私はそうは思いませんでした。仲間と励ましあいながら歩いていくことができました。多分個人では完歩出来なかったでしょう。歩いている間は会話もどんどん少なくなりましたが、仲間が歩いているから自分も歩く、そんな風に見えない絆でつながることができました。私たちは50㎞まではとても快調で余裕でした。しかし、それから全員足を痛めてしまって、先の50㎞は痛みとの戦いでまるで地獄でした。足が痛く、進むのも遅く、会話もなく、あたりは真っ暗。本当に気が狂いそうでした。しかし確実に『歩けば進む』ことは分かりました。少しずつ近づいてくるゴールに感動しました。
歩き切ったときはもう絶対に出たくないと感じましたが、足が治ってきた今では来年も出てもいいかもと思えます。一回100㎞を歩いたことがあるのなら、もう人生で怖いことなんてないですね。