四谷 泰弘さんのメッセージ

岡山にこんな大会があることを知り、軽い気持ちでエントリーしてしまいました。というのも、今年はフルマラソンを4回完走しており、日常的にトレーニングをしていたので、歩くのであれば「楽勝」とたからです。 なんとか無事完歩できましたが、これまでの人生で経験したこともない両膝裏の激しい筋肉痛を味わうことになり、膝を屈伸することができず数日間歩くのに苦労しました。また、右足の裏と両にマメができて、これも体験したことのない苦痛を味わいました。
睡眠を取らずに歩くということは、日常生活では経験できない特異な体験だと感じています。途中の和気駅で電車の姿を見た時は、もうこれに乗って帰ろうと真剣に考えました。そして、電車がまうのを見送り、最後まで歩くしかないと覚悟を決めました。
ゴール後、立ち止まると、もう歩くことができなくなるような気がして、そのままフラフラと脚を引きづりながら歩いてバイクの駐輪場まで行きました。前日の倍の時間がかかりました。
来年は、十分な「歩く」練習をするとともに、テーピング講習会に参加して万全なマメ対策をして臨もうと思います。また、自身の体力を過信することなく、マイペースで、たっぷり休憩をとりながらと考えています。
一つ良かったことは、直前に自転車でコースを下見していたので、コースの状況がわかり心の準備ができたことです。
来年も良い天気に恵まれ、たくさんの方々と一緒に歩ければいいなぁと思います。
最後に関係者の方々、いろいろとお世話を頂き大変ありがとうございました。

四谷 泰弘