三宅 芳朗さんのメッセージ

チャレンジャーが安心安全に完歩できる様に不眠不休でサポートして戴き
ありがとうございました。大会関係者、サポーターの皆様のサポートがあったからこそ
貴重な経験を残すことが出来ました。
100㌔はこんなに苦しんだ、こんなに多くの感謝と素晴らしい経験が出来るんだと
感じました。100㎞歩く意気込みがあったのですが30㎞位から膝、足首が痛くなり
備前中学校では立ち上がることが出来ないようなりました。
50㎞位からは辺りは暗くなりゴール出来るか不安になりましたがチャレンジャーの皆様が
足の状態を心配してくれたりサポーターの皆様が「頑張って!まだまだ時間はあります。
ゴールであなたをみんなが待っています」と大きな声で励ましてくれました。
24時間100㎞歩くことは限界を越えた挑戦ですが皆様の暖かい触れ合いがあってゴールする
ことが出来ました。完歩出来ましたことに感謝の言葉でいっぱいです。ありがとうございました。