森脇 敏さんのメッセージ

No: 496
氏名:森脇敏

2年連続しての大阪からの参戦です。
わたしは事前準備が大好きなので、4月に1泊2日でコース上の坂を全部 歩いて負荷を再確認、レース前日にも新コース部分を全部歩いて ルー トを頭に叩き込み、地図は自分用にプロットしなおし、専用アプリを 作成してGPSと連携をとれるようにしたり、靴も帽子もヘッドライトも 新調して、と色々やることやって さぁ当日。

様々な新しい準備・装備をかかえてスタート地点。でもいざチェック してみると、アプリが設定できてなくて動かない!あれもこれも忘れ 物した!あらまぁ。でもガッカリしたら競技に影響するし、まぁこん なこともあるね。歩くことだけに集中しましょ、と開会式を楽しませ ていただき、カウントダウン!さぁ始まりました。「やったるぞ!」。 普段言わないようなことを叫んだりしてスタートです。

今年の私のテーマは「エネルギー補給」。これまでの私は、夜半にエ ネルギー不足&お腹がもたれる、というのが問題だったので、行動食 を全部変更し、消化はほとんど負担にならないものだけにして食事だ けで1時間に150kcal摂るのを目標にしました。「食糧袋」を4つ用意 して、1袋あたりに4時間分の食料を入れ、1つずつ取り出してザック の前面のポッケにねじりこみ、モグモグやってカラになったら新しい 袋と取り替えます。「次何入ってるかな」なんて楽しみながらエネル ギー補給できたので、ほぼずっと元気でした。これは大成功。

ピンチが訪れたのは、湯次神社からの峠。峠の頂点までに思った以上 に汗をかいてしまい、ぼおっとしてフラフラしながらの下山、明らか な脱水症状です。持ってる水を全部がぶ飲みして塩分補給して、備前 中にたどり着く前あたりでようやく体調が回復。笑顔で卵かけご飯を いただきました。

やがて夜。閑谷学校の山越えも和気までの峠越えもずっと真っ暗な中 一人になり、体調は絶好調なんだけど なんだか淋しくて。誰か追い ついてくれないかと後ろを振り返り振り返り夜道を進んでいきます。
ここから先は、コミュニケーションタイム。後半はスピードが出ない ので、後ろから来た人としばらくお話しして、先に行ってもらう、と いうことが続いていきます。今年もたくさんの方とお話しさせていた だき、楽しかった。皆さん気持ちのいい方ばかりで。岡山っていいと ころですね。

ゴールしたのは朝3時台前半。自己ベストも更新させていただき、文 句のつけようのない感謝感謝のゴールとなりました。

最後に、運営・ボランティアの方々、交流させていただいた選手の皆 さん、地元にお住まいの方々、大変お世話になりました。ご迷惑をお かけしたかもしれません。他府県の者を受け入れていただき大変あり がとうございます。是非また参加させていただければ幸いに存じます。
感謝・御礼申し上げます。重ねてありがとうございました。