勝山 琴江さんのメッセージ

大会参加をするにあたり皆様の感想文を読んで参考にさせていただきましたので何かお返しが出来たらと思い投稿しました。

大会参加を決めた理由は「人は寝ないで歩き続けたら何を思うのか?」という訳の分からない理由ともうひとつはダメな自分に周囲の人がなかなか挑戦しない事にチャレンジし自信をつけたかったからです。

雨の準備もして参加しましたが天候に恵まれ、脱水症状が心配でしたのでこまめに水分補給をしました。

昼よりも夜の方が大変だと思ってましたが夜の方が涼しくて歩きやすかったです。

人が周りにたくさん居るときは歩き慣れていそうな人の後ろを歩くことでペースを保つ事が出来ました。

休憩を長く取ると足が動かなくなるので基本トイレ休憩と補給を済ませたらすぐに出発するようにしました。

一番辛いと感じた場所は赤磐の山陽団地に入ったところからです。残り20キロという辺りです。

それまでは自分が思った以上に良いペースで歩くことが出来てましたがそこからが葛藤の始まりました。

進んでは止まってのくり返しで残り10キロぐらいなのにもう止めようかと思った程です。

歩いても歩いてもまだゴールが見えず長い時間が続きました。

ゴールをした時にハイタッチで皆様が迎えてくれた時には熱いものが込み上げてきました。

歩き終わった時には疲れて何も考えられませんでしたが、体も徐々に回復し周囲の人からおめでとうと言われるとやっと達成感が湧いてきた気がします。

歩いてる際中やゴールしてすぐ思う事があるというより、徐々に何かに気付いていく気がします。

幼子から高齢の方、体の不自由な方、色々な方達が参加されていました。

感心させられる事もたくさんありました。
頑張れ!の言葉にもたくさん励まされました。
興味がある方は是非一度挑戦されてみてはいかがでしょうか?
貴重な思い出になると思います。

お世話になった皆様本当にありがとうございました。