島田 真理子さんのメッセージ

小5の娘と参加しました。
43キロと正直甘くみていました。
娘は前半20キロ手前で足が痛くなり、しくしく泣きはじめました。リタイアかなと思ったけど、自分で立ち直りました。元気なはずの前半で思った以上に時間がかかり、後半はすべての時間がギリギリで大変でした。19じと20じのタイムアウトまで1分もなかったと思います。できれば前半は距離を稼いでおいた方が良いと思いました。
でもその状況の中で、いけるよ!大丈夫、間に合うよ!という前向きな言葉かけができ、足に不安を感じるようになった私の荷物を持ってくれたりする心遣いで、娘の成長を感じて嬉しく思いました。前半での涙がウソのように、後半は娘に引っ張ってもらい、19時59分にゴールすることができました。
サポーターの方にもお礼を言いたいです。
神社でも備前中学校でもギリギリの私たちを迎えに出て誘導してくださり、おかげで何とかたどり着くことができました。神社の時はお礼を言うどころではなく、次行くよ!と出発してしまったと思います。本当にありがとうございました。
とてもいい経験をさせていただきました。
島田 真理子