藤井 啓己さんのメッセージ

今回は4年ぶりの参加となりました。2013年大会のとき以来、毎年ここのホームページ見ながら、参加しようかなあどうしようかなあと迷ってすごしてました。でも今年は自分の中に何かがあったのでしょう。100キロ歩こうと決意して申し込みしました。
でもトレーニングはしっかりできたかといえば、そんなにできませんでした。週1回3時間くらいウオーキングするくらいでした。
だから当日は歩けるか不安で、もし天候が悪ければキャンセルしようと思ってました。
当日は朝は晴れていたけど、歩いているときは曇り空で、適度に風もあり、気持ちいいウオーキング日和でした。そんな中でとにかく前半で貯金を作って
終盤の落ち込みをカバーしようと歩きました。
ほんと備前中学校までは足の痛みもそうたいしたこともなく、漁港に8時半ごろには着きました。
そこからは眠いのと疲労感とで、ヘッドライトで足元を照らしながら歩いてましたが、閑谷学校への登り坂を登りきったあたりで側溝にはまってしまいました。
ちょうど後ろから他の参加者の方がいらっしゃって、分解した電池も拾う事ができて、またケガもしてなく、ウオーキング再開できました。
真夜中のリバーサイドからの川土手歩行は、真っ暗で少し怖かったです。だから真ん中を歩くようにして、途中休憩もしないようにゆっくりでも前進しました。
終盤は完全に疲労感が最高潮だったのでしょう。いくら歩いても中原橋までたどりつけなくてイライラしましたし、旭川土手を下って河川敷までいくまでのとこらでもまだ着かん、まだ着かんとイライラしてました。
でもなんとかぎりぎり9時前にゴールできました。前回よりも40分くらい進歩しました。
今回は厚手の五本指ソックスを履いていたためか足裏に水ぶくれができなくてよかったです。あとはステッキを持っていたことでしょうか。
また次回機会あれば参加してみたいと思います。